不眠症を改善して毎日グッスリ!ストレスフリーがキーワードです

看護師

改善のコツ

nurse

不眠症を改善するには。朝起きてから夜眠るまで、時間帯に合った行動をとることが大切です。昼間はアクティブに動き、夜はゆったりリラックス。といった感じでメリハリある生活を心がけましょう。

Read More...

眠れない日々

高い発症率

nurse

一過性のものも含め、不眠症で悩むのは、日本の成人の3人に1人と言われています。
大勢の人を悩ませる不眠症ですが、発症リスクとして現代の生活サイクルも大きく関わっています。
不眠症を改善するには、原因となる生活サイクルの改善がキーポイントです。

眠る直前はリラックス

眠る直前の行動は、睡眠の質に大きく影響します。
活動的に動く昼間とは違い、夜にはだんだんと心身ともにリラックスさせて、眠りやすい状態へ持っていくのが理想です。
眠る直前には本来避けたい行動も、無意識のうちに行っていたり、習慣化している方も多いでしょう。

体を休めましょう

●スマホ・パソコン・テレビ
寝る直前までスマホやパソコンを触る、テレビを見るなど、普通にやってしまいがちな行動も、睡眠のためには良くないです。
液晶の強い光が刺激となり、交感神経が活性化されて寝付きづらくなってしまいます。
●飲食
仕事の関係から夜遅くにご飯を食べるという方も要注意です。夜中の食事は胃腸に負担がかかり、睡眠時にも胃腸を働かせるのに力を使うため、睡眠の質を下げてしまいます。
食事が遅くなっても寝る3時間前には食べ終えるのが理想です。
アルコールも体への負担は大きいです。お酒を飲むと眠くなると感じる方もいますが、実際は眠りの質を下げてしまいます。飲酒習慣がある方はほどほどにしておきましょう。

睡眠障害

nurse

睡眠障害の一種が不眠症です。不眠症の他にも、睡眠障害は様々な種類があり、症状に応じた対処が必要になります。過眠症、睡眠呼吸障害、概日リズム睡眠障害…これらは一例ですが、生活に支障をきたすような睡眠障害は正しく治していきましょう。

Read More...

精神的なダメージ

nurse

自律神経失調症は精神的な負担を大きく感じると発症しやすい疾患です。症状としては不眠症、頭痛、耳鳴り、手足のしびれ…など様々です。自律神経失調症と診断されたら、日常生活でもムリをせず、心の負担を軽くするよう過ごしましょう。

Read More...